上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒さが増すほどに

夜空は近くなる…

駅から車のある場所までの短い距離…

ゆっくり夜空を見上げながら歩く…

月や星…煌めきは無音の歌

…この夜空を見上げてますか…?

面影を探して立ち止まる…

そのとき…

ポケットの携帯がメールの訪れを知らせる…

『月を見上げてますか?』

知り合いからのメッセージ…

『見上げています…』

そう返信したあと

携帯で月を見上げ…月をつかまえようとした…

また携帯が揺れる…
今度のメッセージは…

『月は泣いてますか?
笑ってますか?』

探していた面影が月と重なり…

私はこう答える…

『恥じらいながら微笑んでます…』…と



もし…たとえ月が泣いていたとしても…

その涙が雲を流し…

明朝の太陽を輝かせると思うの…

今、私の目の前で広がる世界…

やっと出会えたね…な出来事なのかなぁ…







スポンサーサイト

コメント:

No title

素敵な言葉のやりとりですね。^^
う~ん、いいなぁ。^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。