上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

b4295deejpeg


「冬の気立ち初めて、いよいよ冷ゆればなり。」


11月7日『立冬』


冬の扉が開いたのですね・・・


昼間は南風・・・


夜は北風が吹くと天気予報で言ってました。


風邪には気をつけて下さいね!


昨日の『のだめ』のSオケの演奏シーンを見て


鳥肌が立ちました・・・


うるうる・・・涙ぐんじゃった・・・。


小学校の頃・・・


県の会館で初オーケストラを見たときを思い出しました・・・。


音も形も違う楽器がひとつの素晴らしい音楽をつくる・・・


あの時の感動は忘れられません・・・。


音楽が始まって音楽の世界の扉が開く。


そこには鏡のような湖面が広がって・・・


月に照らされた傷ついた白鳥


一生懸命・・・翼を広げて飛ぼうとしてる。


そんな情景に・・・


頑張れ・・・と呟いてる自分がいて・・・


そして・・・月夜が明ける少し前に


うっすらと射す太陽の光を目指して羽ばたいていく・・・


とか


街を歩く兵隊さんと街の歓声


とか・・・


音楽から感じる自分の想いを紙いっぱいに書いた記憶があります。


楽器の音・・・


まるで人と人の繋がりみたいですよね^^


お互いの音を拒否せず認め合えば・・・


共鳴しあって新しい音が生まれるのかも^^


もちろん相性もあるんでしょうけれど・・・


ちなみにきらは・・・音感とは無縁なので・・・


縦笛しかできませんでした^^;


 


スポンサーサイト

コメント:

No title

楽器を、まるで自分の一部のようにして、自分の想いを奏でることが出来たら素敵でしょうね。^^
子供の頃、ちょこっとだけピアノを習っていましたが、じっとしている事が出来ずにすぐに止めてしまいました。A^^;
きらちゃんは音感とは無縁じゃないですよぉ!
「声」という楽器を持ってるでしょ?^^v

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。